広報活動

RSS Print

2018年2月5日

『理研ニュース』2018年2月号、本日発行!

『理研ニュース』2018年2月号、本日発行しました!

今月の「研究最前線」は、細胞の集まりがどのようにしてさまざまな形をつくり出すのか?生物の形態形成の仕組みを探る研究最前線と、スーパーコンピュータ「京」で新材料の候補を探索する試みの研究最前線の2本です。ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    生物の形づくりの素過程を解く
    「京」で新材料候補を探索する
  • 記念史料室から
    理研から生まれた工芸、それを支えた美校出身者たち  
  • FACE
    流体力学ルネサンスを目指す理論物理学者
    洗濯できる太陽電池からソフトロボットを目指す研究者
  • TOPICS
    茅幸二先生を偲んで
    「スパコンを知る集い in 大津」を開催
    5年目を迎える「理研グッズ」
  • 原酒
    通勤時間と目出し帽

「FACE」で取材した福田憲二郎研究員(染谷薄膜素子研究室創発物性科学研究センター 創発ソフトシステム研究チーム)が研究内容を解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!