広報活動

RSS Print

2018年9月10日

「シリーズ企画 理研イブニングセミナー」、開催決定

理研の研究成果と研究活動を産業界の方々にご紹介する場として、企業の方に向けたイブニングセミナーを開催いたします。
新しい試みとなるシリーズ企画では、ファシリテーター役を務める企業の方からいただいたテーマに関連して、3回のセミナーを開催します。

※満席となりました。たくさんのお申込みありがとうございました。

開催日 各回 17:30-18:40
※講演後に名刺交換などの交流の時間を設けます。
場所 東京連絡事務所
東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング 15階(地図
対象 企業の方限定
定員 40名 先着順 ※事前登録制
参加費 無料
参加申し込み

参加ご希望の方は、会社名、氏名、メールアドレス、電話番号、希望する回(複数可)を記載の上、件名を『〇/〇 理研イブニングセミナー参加申込』として、下記のメールアドレスあてにお申し込み下さい。
Email: evening-seminar[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

〆切: 開催1週間前

ポスター PDF(392KB)
お問合せ先 イノベーション事業本部 企業共創部 (イブニングセミナー事務局) 担当:米野
Tel:048-467-4346
E-mail:evening-seminar [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

スケジュール

第53回
2018年10月17日(水)
[東京開催]
須田 亙

<シリーズ企画 >「マイクロバイオームの健康機能」①

「ヒト常在細菌叢の基本的構造およびメタゲノム解析手法論」
近年、ヒト常在細菌研究が著しい発展を遂げており、常在細菌がホストの健康/疾患と密接に関連することが明らかにされつつあります。この発展の背景には次世代シークエンサーが開発され、複雑な生態系である常在細菌叢に対して網羅的なシークエンス解析(メタゲノム解析)が可能になったことがあります。
本講演では発表者らがこれまでに進めてきたメタゲノム解析からわかってきたヒト常在細菌叢の基本的な構造と、解析の手法論について紹介します。

※満席のため、受付終了

発表者:須田 亙(生命医科学研究センター マイクロバイオーム研究チーム)

第55回
2018年11月21日(水)
[東京開催]
有田 誠

<シリーズ企画 >「マイクロバイオームの健康機能」②

「腸内環境のリピドミクスと機能性脂質の探索研究」
腸内細菌叢と宿主との相互作用において、腸内細菌由来の代謝産物が宿主側のホメオスタシスや疾患制御に関わる可能性が指摘されています。私たちは、質量分析システム(LC-MS)を用いた最先端のリピドミクス解析技術を駆使して、腸内環境における構造多様性に富んだ脂溶性代謝物の包括的解析を行い、その中から疾患制御に関わる重要な機能性分子の同定を目指しています。

※満席のため、受付終了

発表者:有田 誠(生命医科学研究センター メタボローム研究チーム)

第58回
2019年1月16日(水)
[東京開催]
菊地 淳

<シリーズ企画 >「マイクロバイオームの健康機能」③

「食と代謝の予測科学 ―IoT/ビッグデータ/AI時代の恒常性管理― 」
「健康」という曖昧な状態を定量的に定義することは難しいですが、恒常性の維持と破綻、さらに言えば破綻の予兆はビッグデータ蓄積と解析評価で判定できます。本セミナーでは、非線形解析や機械学習を駆使した分類・回帰と重要因子探索、ならびに分析ビッグデータと表現型との統合解析法を解説すると共に、食と代謝の予測科学の将来展望を議論します。

※満席のため、受付終了

発表者:菊地 淳(環境資源科学研究センター 環境代謝分析研究チーム)