広報活動

Print

理化学研究所 科学講演会 in 函館

理化学研究所 科学講演会 in 函館

高校生・大学生を含む、一般の方を対象とした講演会を函館で開催します。理研の博士たちが、わたしたちの住む地球の環境や資源に関わる、楽しく興味深いお話をお届けします。

また、会場「カメリア」の後方では、理化学研究所の百年の歴史がわかる特別展示「理研展」、科学の面白さをお伝えする「科学道100冊」、「科学道100冊ジュニア」展を開催します。

開催日 2018年9月9日(日)
時間 講演会:14:00-16:30(12:00開場)
展示等:12:00-17:00
対象 一般 / 高校生 / 大学生 / (展示等:一般/高校生/大学生/中学生/小学生)
場所 フォーポイントバイシェラトン函館 3階「カメリア」
講演会:3階「カメリア」
展示等:3階「カメリア」後方

特別展示「理研展」、「科学道100冊」、「科学道100冊ジュニア」展、理研グッズ販売


北海道函館市若松町14番10号
主催 国立研究開発法人理化学研究所
後援(予定) 北海道教育委員会、函館市教育委員会、北海道新聞社、函館新聞社
定員(講演会) 300名(先着順)、事前参加登録の方優先
※未就学児のご参加はご遠慮ください。
※展示会場への入場には参加登録は不要です。お気軽にお立ち寄りください。
参加費 無料
申込方法(講演会)

事前参加登録期間:2018年6月18日(月)10:00-2018年8月31日(金)12:00

当日会場での受け付けも行いますが、ぜひ事前参加登録にご協力お願いします。事前参加登録が定員に達した場合、当日会場にお越しいただきましても入場いただけない場合があります。

事前参加登録フォームはこちら

チラシ PDF(1.83MB)
問合せ先 理化学研究所 広報室
Tel: 048-467-9443
Email: event-koho[at]riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)

※本講演会は「はこだて国際科学祭2018」のポストイベントとして開催します。
※当日の講演会や展示の様子を広報活動の記録として弊所職員が写真撮影します。撮影した写真は弊所のウェブサイトや印刷物に掲載させていただくことがあります。掲載の際は個人の特定を避けるためにお顔が露出しないよう配慮いたしますが、予めご承知の上ご参加ください。また、各種メディアによる取材・撮影が行われる可能性があります。予めご了承ください。

プログラム

12:00 開場
14:00~14:10 開会のあいさつ
小谷 元子 理事
14:10~14:30

特別講演 未来を創る自然科学研究

小安 重夫 理事

14:30~15:15

講演 驚くべき生き物たちによる生存戦略

講師 中村 龍平
環境資源科学研究センター 生体機能触媒研究チーム
チームリーダー

講演概要
私が大学生の頃、「日本は、資源に乏しい国」ということを、授業で何度も聞かされました。たしかに、石油の埋蔵量だけで見ると、資源は本当に少ないです。しかし、日本は海に囲まれており、その面積は世界6位です。さらに、火山国であるが故、地球の内部に蓄えられたエネルギーが、日々、海底から供給されています。では、どうすれば、この様な膨大なエネルギーを使うことができるのでしょうか?本講演では、人知を超える生物の生存戦略から、未来のエネルギー利用法について考えてみたいと思います。

15:15~15:35 休憩
15:35~16:20

講演 生物研究に欠かせない材料、バイオリソース

講師 大熊 盛也
バイオリソース研究センター 微生物材料開発室
室長

講演概要
私たちは、生物・生命研究の成否を左右し、研究に欠かせない生きた研究材料であるバイオリソースを整備して、研究者が利活用できるようにすることで、研究の進展に貢献することをめざしています。そのためには、研究者がほしい材料、確実な成果を生み出せる信頼のおける材料をそろえる必要があります。また、様々な研究成果のもとになった材料は、研究の再現性のためにも、関連の研究を発展させるためにも、維持されて利用できるようにしなければならず、私どもはそのためにも責務を果たそうとしています。

16:20 閉会のあいさつ
小谷 元子 理事