広報活動

Print

法と技術シンポジウム(第2回)
「コネクティッド カー(Connected Car)とプライバシー・個人情報保護」

人工知能技術による自動運転車は社会を大きく変えると予想され、自動運転車の実用化と普及に向けて技術開発が進みつつある。現在はその前段階としてネットワークに接続されたいわゆるコネクティッドカーの開発が自動車会社を中心に行なわれている。一方でコネクティッドカーの社会での普及に関しては法制度の整備が欠かせない。このシンポジウムでは、コネクティッドカーに係る諸問題のうち、特に重要な所有者、ドライバー、同乗者のプライバシー保護(移動履歴、運転履歴など)に関して技術を踏まえた法制度の分析と調査を目的として、技術的課題、先進的なドイツの政策動向、個人情報保護法の問題、データ越境の問題、刑事罰の観点からの分析、などのテーマに関して講演および討論を行う。

開催日 2018年2月19日(月)
時間 10:00-17:00
対象 一般 / 企業の方 / 研究者
場所 一橋講堂
東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
参加費 無料
定員 400名
詳細・申込み 法と技術シンポジウム(第2回) 「コネクティッド カー(Connected Car)とプライバシー・個人情報保護」
問合せ 革新知能統合研究推進室
Email: aip-suishin[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。