広報活動

Print

2018年1月22日

理化学研究所

天然ゴムノキの研究基盤データベースを構築

-新しいバイオ素材合成などの応用研究の加速に向けて-

図 本データベースで公開するデータの一例

天然ゴムは、合成ゴムに比べて耐久性が高く発熱しにくいなどの利点があり、車や航空機のタイヤ、医療用装置の部品などに使われています。天然ゴムの原料は、パラゴムノキという樹木の幹を傷つけて得られる「ラテックス」と呼ばれる乳液です。

現在、森林生態系の保護などの観点から、耕地面積を増やさずに、ラテックスを増産することが求められています。そのためには、既存の遺伝子情報を整理した上でデータベース化し、それをもとに、ラテックス合成経路中に存在する働きの分かっていない遺伝子を探す必要があります。

理研を中心とした国際共同研究チームは、研究推進に向けた研究基盤データベースを構築するため、2016年にパラゴムノキのドラフトゲノム配列を決定し、2017年には天然ゴム高生産株・病害抵抗株の遺伝子発現解析を行いました。今回、同チームはパラゴムノキの研究基盤となる遺伝子・転写関連データベースを構築・公開しました。ゲノムブラウザ上から、ゲノム配列、遺伝子予測、完全長cDNAをはじめ、天然ゴム高生産下部・病害抵抗株の遺伝子発現解析結果やCAGE法による転写開始点などのもサンプルごとに閲覧できるようになっています(図参照)。これにより、研究者がこれまで膨大な時間と労力をかけて集めていた情報に簡単にアクセスできます。また、遺伝子情報を活用することで、ラテックス合成メカニズムの解明や、遺伝子改変による新しいバイオ素材合成などの応用研究が加速されると考えられます。

本成果は、パラゴムノキの生産性向上や耐病性向上などに向けた応用研究への貢献につながると期待できます。

理化学研究所
環境資源科学研究センター バイオマス工学研究部門 合成ゲノミクス研究グループ
研究員 蒔田 由布子 (まきた ゆうこ)
グループディレクター 松井 南 (まつい みなみ)