広報活動

Print

2018年5月22日

東京大学
理化学研究所
科学技術振興機構

トポロジカル母物質のキャリア制御に成功

東京大学大学院工学系研究科の西早辰一大学院生、打田正輝助教、川﨑雅司教授らの研究グループは、理化学研究所創発物性科学研究センターの田口康二郎チームリーダーらの研究グループと共同で、近年発見されたトポロジカル半金属Cd3As2について、化学置換や電界効果を用いたキャリア制御手法を確立し、量子化された伝導現象である量子ホール効果の観測を通してトポロジカル半金属薄膜で実現される電子構造を明らかにしました。

詳細は東京大学工学部のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ