広報活動

Print

2018年3月12日

慶應義塾大学病院
理化学研究所
株式会社アンビシオン

進行・再発固形がんを対象とした医師主導治験を開始

-NKT細胞活性化による新規治療法の開発-

2018年3月12日、慶應義塾大学病院臨床研究推進センターの副島研造教授、同大学病院輸血・細胞療法センターの田野崎隆二教授らは、理化学研究所の統合生命医科学研究センターの谷口克 免疫制御戦略研究グループディレクターらが発見したナチュラルキラーT細胞による免疫細胞活性化のメカニズムを応用し、新規に開発した再生医療等製品を用いたNKT細胞標的がん治療の安全性・有効性を評価するための第Ⅰ相医師主導治験を開始しました。本治験は、標準治療が無効、または標準治療が確立されていない進行・再発の固形がんの患者さんを対象に行います。

詳細は慶應義塾大学のホームページをご覧ください。