広報活動

Print

2018年5月1日

理化学研究所

永長直人副センター長が紫綬褒章を受章

永長直人副センター長の写真

永長直人副センター長(創発物性科学研究センター)は、物性理論学研究の実績が評価され、平成30年春の紫綬褒章を受章することが決定しました。伝達式は5月15日に執り行われる予定です。

永長副センター長は長年にわたり、物性理論の分野で、固体中の量子電子波動が示す幾何学的性質に着目し、高温超伝導体、磁性体、強誘電体などの強相関電子系の物性に関し、場の理論を用いた解析的手法と計算機を用いたシミュレーションを用いて研究してきました。この業績は、固体電子の新しい機能開拓、特に省エネルギー機能の開発における基礎学理を与えることが期待されています。