広報活動

Print

2018年6月8日

理化学研究所

理研栄峰賞、理研梅峰賞の授与について

理化学研究所では、優れた研究開発業績を挙げた以下の者に対し、理研栄峰賞(りけんえいほうしょう)ならびに理研梅峰賞(りけんばいほうしょう)を授与しました。

授賞式の様子 集合写真

理研栄峰賞受賞者一覧

氏名(現所属) 業績名
平山 秀樹(開拓研究本部 世界最高効率、深紫外LEDの実現
藤井 眞一郎(生命医科学研究センター 新しいがんワクチン「人工アジュバントベクター細胞 (エーベック)」の開発と第I相臨床治験の開始
小出 直史(生命機能科学研究センター
坂井 徳子(生命機能科学研究センター
柴田 由美子(生命医科学研究センター
寺田 基剛(生命機能科学研究センター
西田 光宏(生命機能科学研究センター
他家iPS細胞を用いた滲出型加齢黄斑変性の臨床研究の実施における細胞製造・品質管理等への貢献
細谷 俊彦(脳神経科学研究センター
丸岡 久人(脳神経科学研究センター
中川 直(脳神経科学研究センター
米田 泰輔(脳神経科学研究センター
大脳皮質の基本単位となりうるマイクロカラム構造の発見
Xiuzhen Yu(創発物性科学研究センター スキルミオンとそのダイナミクスの実空間観察
大竹 淑恵(光量子工学研究センター 理研小型中性子源システムRANSによる新たな計測技術開発

理研梅峰賞受賞者一覧

氏名(現所属) 業績名
今田 裕(開拓研究本部 新原理に基づく単一分子発光・吸収分光法の開発と応用
福田 憲二郎(開拓研究本部 洗濯可能な超薄型有機太陽電池
美添 一樹(革新知能統合研究センター AI研究用計算機システムRAIDENの導入・運用管理・増強
Michiel J.L.De Hoon(生命医科学研究センター Creation of a comprehensive expression atlas of miRNAs and their promoters in the FANTOM5 project
岩城 光宏(生命機能科学研究センター 世界最小のプログラマブル人工バネ「ナノスプリング」の開発
江原 晴彦(生命機能科学研究センター 転写中のRNAポリメラーゼII巨大複合体の構造解明
丹羽 節(生命機能科学研究センター 分子プローブ迅速合成のための分子リノベーション技術の開拓
Yu-Chiun Wang(生命機能科学研究センター 上皮形態形成を駆り立てる新しい仕組みを発見
西山 朋子(脳神経科学研究センター 理研BSI 創立20周年記念企画イベントの統括
豊岡 公徳(環境資源科学研究センター 電子顕微鏡技術の開発とそれらを用いた技術支援および共同研究
橋爪 大輔(創発物性科学研究センター 構造科学に基づく高度研究支援
宮島 大吾(創発物性科学研究センター 新概念による超分子重合の開拓
三好 建正(計算科学研究センター データ同化とシミュレーションの融合研究

理事長よりメッセージ

優れた研究開発業績を上げた職員の功労に報いることを目的に、2018年6月5日に第1回目の理研栄峰賞ならびに理研梅峰賞の授与を行いました。これらの賞は、研究所創設期の貢献者にちなみ名付けたものです。彼らの先導的な見識が、今日までの日本の科学技術発展に大きな貢献を果たしたことは明白です。理研栄峰賞ならびに理研梅峰賞受賞者が挙げた優れた業績が、理化学研究所の次の百年の礎となり、さらには、今後の日本の科学技術振興に大いなる貢献を果たすことを強く期待するとともに、受賞者のさらなる活躍を祈念いたします。

理研栄峰賞:
「著名若しくは重要な賞の受賞に値する又はその受賞に繋がることが大いに期待される研究開発業績」又は「社会に強い影響を与えた研究開発業績」を挙げた者に対し、理事長が授与する賞
理研梅峰賞:
「学会等において高い評価が期待される独創的な研究開発業績」又は「研究所内外への優れた貢献が認められる研究支援業績」を挙げた者に対し、理事長が授与する賞