広報活動

Print

2018年10月19日

理化学研究所
神戸市

国立研究開発法人理化学研究所と神戸市との連携・協力に関する基本協定を締結

世界最高水準の研究開発の成果の創出と国民経済の発展等を目指す理化学研究所(以下「理研」という。)と、世界に貢献できる都市として発展を目指す神戸市は、基本協定を締結しました。基本協定の概要は以下の通りです。

基本協定の必要性

1998年の神戸医療産業都市の構想検討開始以来、理研と神戸市は、医療産業都市の構想のもと、綿密に情報共有を行い、事案ごとに個別の協定・覚書を結び、有形、無形の支援及び協力体制を構築してきました。2018年に医療産業都市構想から20年目の節目に当たり、理研と神戸市は、次の時代に向けて一層の連携・協力を、強力かつ着実に進めるため、包括的な基本協定を締結することとします。

目的

理研と神戸市が一層の連携・協力を進めることによって、優秀な人材が結集する国際的な拠点の形成、活動成果の社会実装等を図るとともに、両者の発展と国際的な知名度の向上を図ることを目的しています。

基本協定の連携・協力内容

基本協定において想定している連携・協力内容は以下の通り。

  1. 国際研究環境の形成に関すること
    理研と神戸市が協力し、双方の国際連携、海外拠点を有効に活用し、研究成果や都市環境の魅力を海外に発信・交流するなどにより、海外から優秀な人材を集め、国際的な図脳循環の活性化を図る。
  2. 研究開発成果を基にした産業創出に関すること
    理研の研究成果のより早い社会実装を、産業振興の諸施策を担う神戸市が連携・協力することで、次世代を担う新たな産業創出を目指す。
  3. 科学技術の普及啓発・教育に関すること
    理研と神戸市が、市民や教育機関等を対象にした科学啓発活動などの取組みを通じて、科学技術の普及啓発や教育に関して協力し、地域の人材育成を図る。

神戸医療産業都市と理化学研究所の歩みPDF

理研および神戸市の出席者一同 (写真中央左:松本理事長、中央右:久元神戸市長)の写真

調印式の様子

基本協定調印式の様子の写真

基本協定書を手にする松本紘理事長(左)、久元喜造神戸市長(右)