広報活動

Print

2018年10月31日

理化学研究所

日満マグネシウム株式会社及び理研金属株式会社の史料贈呈式を開催

理化学研究所(理研)と宇部マテリアルズ株式会社は、2018年10月30日に同社本社(山口県宇部市)において、理研関連史料の贈呈式を開催しました。宇部マテリアルズ株式会社は、戦前財団理研傘下の産業団を構成した企業の一つである日満マグネシウム株式会社(後に、理研金属株式会社)を前身に持つ企業です。贈呈式では、理研で開発された手法を用いて製造した金属マグネシウムの鋳塊、その他文書記録や絵画などの理研に関連する史料が宇部マテリアルズ株式会社から理研へ寄贈されました。

贈呈品について

金属マグネシウムインゴット(鋳塊) 3本
日満マグネシウム時代の製品(2本)及び理研金属時代の製品(1本)。
理研の大河内研究室が開発した海水の苦汁を用いた製法で製造された。

日満マグネシウム株式会社創立関連史料 一括
財団理研が開発した金属マグネシウム製造技術を基に事業化した日満マグネシウム株式会社が設立されるまでの経緯を記した大正末期から昭和初期の記録を中心とする同会社関連史料。

理研金属株式会社重役会議史料等文書記録 一括
日満マグネシウム株式会社が理研金属株式会社へと変遷した後の会議記録や戦時下の経営記録など、昭和10年代を中心とする同社関連史料。

油彩画「少女像」(60号) 大河内 信敬作 1932年
大河内信敬(おおこうち のぶひろ)は洋画家で、財団理研の第三代所長を務めた大河内正敏(まさとし)の次男。本作品は大河内所長から理研金属株式会社へ寄贈されたもので、理研金属時代には本社の置かれた旧丸ビルの役員室に飾られていた。

宇部マテリアルズ株式会社・市川正隆取締役社長(右)より目録を受け取る理研・加藤重治理事(左)の写真

宇部マテリアルズ株式会社・市川正隆取締役社長(右)より目録を受け取る理研・加藤重治理事(左)

金属マグネシウムインゴット(鋳塊)の写真

金属マグネシウムインゴット(鋳塊)

日満マグネシウム株式会社、理研金属株式会社関連史料の写真

日満マグネシウム株式会社、理研金属株式会社関連史料