研究紹介

健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム (RCH)

渡辺 恭良 (M.D., Ph.D.)
プログラムディレクター
渡辺 恭良
(M.D., Ph.D.)
「個別健康の最大化」を目標とした融合研究開発、事業化支援、人材育成を推進し、将来にわたり健康で“生き活き”とした人生を送っていく上での指針(羅針盤)の実現・普及を目指します。健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムでは、科学技術振興機構(JST)の「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」に採択された課題「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」を、兵庫県や神戸市、大学・研究機関、企業等と共同で実施しています。

研究主分野

医歯薬学

研究関連分野

複合領域 / 総合生物

キーワード

  • 精密健康解析
  • 新規健康計測法開発
  • 分子イメージング
  • 生体機能イメージング
  • 個別健康増進・最大化策開発

組織

  • 人材育成グループ
    岩田 博夫 (D.Eng.)
  • 事業化グループ
    松本 毅

お問い合わせ先

兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-1
理化学研究所 融合連携イノベーション推進棟(IIB)
Tel: 078-569-8852 (代表)
Fax: 078-569-8846

kobe-rc-info [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果